忍者ブログ

臨床看護技術と医療知識

循環器内科で診察する不整脈

健康診断を受けた後に医師から指摘される機会が多い不整脈に「期外収縮」というタイプがあります。「たま脈が飛ぶ」あるいは「一瞬、胸がドキンとする」と訴える人のの多くは期外収縮が原因です。

聴診器で心臓の状態を調べる

普段、心臓は規則正しく同じ間隔で収縮していますが、期外収縮では心臓が突然少し早く収縮するのです。多くの人は期外収縮の自覚症状はありませんが、心臓の状態を24時間にわたってモニターする24時間心電図で検査してみると、ほとんどの人に期外収縮が認められます。

一日に数回だけの人もいれば、数万回も認める人もいます。この期外収縮がたくさん出ていると不整脈によって死亡するリスクは高くなるのかという疑問が出てくるのは当然です。

心臓の中には心房と心室という2種類の部屋があります。心房あるいは房室接合部というところから生じる期外収縮を上室期外収縮、心室から起こるものを心室期外収縮と2種類に分けています。

上室期外収縮が原因で死亡することは非常にレアケースです。心室期外収縮も、心筋梗塞・狭心症・心筋症などの心疾患のない方は、仮に一日何万回も認められても、あるいは期外収縮の3発以上連続して起こるような心室頻拍があっても不整脈で死亡することは非常に稀で予後は良好となっています。

したがって、期外収縮による症状が強い場合は生活習慣の指導や薬物療法が治療の中心となりますが、無症状で心疾患のない方は治療をする必要はありません。ただ、一日数万発の心室期外収縮が出ている方のなかには、徐々に心機能が低下するケースが稀にあるので、定期的に心疾患の専門医や看護師がいる循環器内科を受診されることをお勧めします。この場合、薬剤やカテーテルで不整脈を治療すると心臓の健康状態の回復が期待できます。

一方、心疾患があって心機能が低下している場合、心室期外収縮が頻繁に出ていると死亡リスクも高くなりますが、不整脈治療の薬を内服すると逆に死亡リスクが上昇してしまう場合もありますので専門医に相談してください。

このように心疾患の有無を評価することが重要ですが、胸痛・呼吸困難・失神などの自覚症状が無く、心電図では期外収縮以外に異常を認めず、心疾患や突然死の家族歴がなく、聴診・胸部X線などの検査で問題が認められない場合は心疾患の可能性は低いといえます。

しかしそれだけでは分からない時もありますので、たくさん期外収縮を認める方は医療機関でさらに詳しく調べておきましょう。

PR