忍者ブログ

臨床看護技術と医療知識

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

心臓疾患とインターベンション治療の可能性

社会の高齢化や生活習慣の欧米化に伴い、心臓病の患者数は増加の一途を辿っており、死亡原因ではがんに続く第2位となっています。インターベンション治療の分野では、時代と共にPOBAからSTENT、それからDESの時代へと進歩し、多くの新しい機器を使用して安全かつ迅速に治療を行うことが可能となりました。また最近では、心臓のみならず腎動脈や下肢動脈などの末梢血管に対しても積極的に治療するようになりました。

心臓血管外科は急患が多い

検査においては、画像診断も大きな発展を遂げ、MDCTを多くの施設が導入しており、患者さんへの負担を大幅に軽減できることになりました。また心臓外科においては、OFF-PUMP CABGなどの低侵襲治療が急速に普及し、患者さんの早期社会復帰が可能となりました。

しかし、冠動脈疾患の治療において問題の全てが解消されたわけではありません。心臓病の患者さんにおける予防・検査・治療・リハビリまでを包括的に管理する医療体制が不可欠で、また急性疾患が多いため敏速な診断と治療が求められます。

そのためには循環器内科医と心臓血管外科医がチームとなりそれぞれの経験と技術を最大限に発揮して治療にあたり、患者さんの生命予後を改善することが重要となります。

これらの点を踏まえて、テーマに「外科との共同治療」を掲げた学会も開催されました。循環器内科と心臓血管外科が連携して治療を行っている医療機関から専門医を招聘して、シンポジウムを行いました。パネルディスカッションでは、各病院で現在取り組まれている工夫を発表頂き好評を博しました。一般講演では、先生方およびコメディカルの方々が日々取り組んでおられる成果を発表して頂きました。

PR